ネット上で起こる誹謗中傷

誹謗中傷はネット上で起こりやすいものです。事実無根のことを様々なところに書いたり、人や企業を侮辱するような言葉を広めるというのは、罪に問われるべきことなのです。経験がある人であれば、それがどれだけの精神的な苦痛になるのか、ダメージになるのかよく分かるはずです。面白半分でネット上に侮辱をするような言葉や事実無根のことを書かれるわけですから、精神的にもかなり追い込まれてしまい、生活にも支障をきたすことになってしまいます。しかも削除しただけでは全く効果も得ることが出来ず、消すことが難しくなってしまうのです。それは一般的なインターネットサイトだけではなく、企業の中にある業務連絡のようなメールでも該当をするのです。企業内のメールであれば、ハラスメント問題にも発展をしてくるものなので、訴訟に発展することもあります。

ネットの誹謗中傷は社会の的

インターネット上での言葉で相手に暴力行為をする事、これを一言で言えば、誹謗中傷の類と成り得ます。ましてや特定の個人を非難した訳でも、相手の批評をした訳でもないのが、ふとした切っ掛けで、その時にみた言葉やセンテンスに怒りを感じて、そのメッセージの素となる特定の人に想定外の怪文書を投稿すると言う事自体が、身に覚えのない事と同様に、それが端を発せば、一つの切っ掛けが輪を繋いで、そういう風に感じる人々が次から次へと湧き上がると言う事なのです。ある意味では口コミとも言えるものなのですが、言葉や文章と言うものは予想以上に、人を気付付けるものでもあるし、最悪はその人の人生を台無しにすると言う事にも繫がりかねないのです。しかも、それは常にネット上で渦巻、人の感情を逆撫ですると言う事になるのです。仕舞にはそういう誹謗中傷を蒙った方の場合は神経的に医師に相談すると言う場合もあるのです。

ネットの誹謗中傷の一例

ネット上での誹謗中傷には様々なケースがあります。特定の人を言葉で攻撃するケースもありますが、そういうパターンではないにしろ、自然にそういうケースに当て嵌まると言う場合です。ある物事に対して、特に非難はしていないにしても、その特定のものにメッセージを投稿した場合に、それが元で不特定多数の人も共感し、いけない事とも思わずに、その特定のものが必然的に非難されている言う場合です。悪い事ではないと思われるにも関わらずに、個人であればいいのですが、それに同調する人たちが自然に生まれてくるのです。それがあっと言う間に数十名、数百名、数千名から数万と言う人々の言葉が、正にその特定のものに言葉が集中されると言う事です。非難の言葉ではないにしろ、それ以上行動出来ないと言う場合もあります。世の中の考えに合わないと言う理由で、いけない訳ではなく、また正論ではあるが故に、社会では許されない場合もこれ、特定のものにとっては誹謗中傷となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*