ネットの誹謗中傷は防げない

ネットの誹謗中傷は防げない状況です。それを減少しようとする事は出来るのですが、今現在では、消え去る事は困難です。それが人の考えは10人いれば、100人いれば、その人の考え方や思想は自由であり、その人から発せられる言葉そのものが生の言葉だからです。それと同様に、ネットのウェプサイトで個人の言葉を表示する事を目的としている場合でも、ある程度の個人の会員に非となる文章の場合は、必然的に削除され、個人を攻撃するような事はないのですが、全て個人の言葉は自由に表示できると言う媒体も数多くあるのが現在のインターネットの世界なのです。つまりは個人のメッセージをそのまま表示しなければ信憑性を保てないと言う場合もありますから、そういう場合は否応なしにでも、誹謗中傷の類となるのが現状なのです。そして、それに対しても規制が出来ないと言うのも現実なのです。

ネットでの誹謗中傷に関して

文面でも人を簡単に傷つけることが出来るので、ネットでの誹謗中傷が頻繁にされているのも大きな問題です。普段の生活で溜まりに溜まったストレスを発散したいという気持ちは分からなくもありません。しかし、自分の言いたいことを何でもネット上に書くという手段は、ストレスの発散方法を間違っています。沢山体を動かして遊んだり、気の許せる友人に相談することで気持ちが多少は楽になります。ネット上に誹謗中傷の書き込みをするという行為は、気付かぬうちに周りの人を傷つけている可能性があるということを把握しておきましょう。そうすればこういうことをする人が減っていくと考えられます。今やこれが学校問題にも発展していますので、何とかしないとこの問題は深刻化していくばかりです。誹謗中傷は、どのような場合にでもするべきではありません。

ネットでの誹謗中傷は社会現象にもなる

ネットでの誹謗中傷は社会現象にも発展するのです。その症例も様々ありますが、まずはその地域で起きた事件などもその一つです。今やメディアでは、事件が起これば、その状況を即座に公表する事となります。それが予想以上に全国に駆け廻れば、その事件に関係のないものにまでその影響は及びます。つまりは連鎖反応と言う事に他ならず、その事件により被害が拡大すれば、するほどに周囲の何の関係もないものにまで被害が影響するのが必然となるのです。世間の戸口に蓋は出来ないと言う諺通りに、ある事件が端を発して全国に広まれば、もうその地域に脚を運ぶことも少なくなり、ましてはその状況下で幾ら対策を持ってしても、経済低迷は避けられずに、長期間の低迷状況は続く事になるのです。ネットが今や簡単に子供から老人まで簡単に接する事が出来る今の社会では、起こってしまった事で、全く関係ないものにとっても被害が及ぶと言う事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*