ネット上での言葉の暴力が誹謗中傷

インターネットによる誹謗中傷の類は厄介なものです。相手の事を傷つけるだけでなく、やもすればそのせいで命まで失くすると言う事態にまで発展すると言う事になるからです。多くは、様々なウェブサイト上での掲示板、あるいはメッセージ投稿や感想、そしてツイッター等の自分の言葉が発信できると言う場所ではとにかく容易に書き込める事が出来ると言う訳で言葉の暴力でもあり、言葉が武器と言う事にも繋がるのです。そしてそれが簡単に出来る訳ですから恐い訳です。この文章や言葉が何かしら自分を傷つけていると言う事を発見すると、逆にその言葉に襲い掛かる訳です。そが自分の中で切っ掛けとなり、また発散と言う事にも繋がり、今度は相手を侮辱すると言う事に発展するのです。ネットでの利点やポイントと言うのが、相手の顔が見えない事です。それを良い事に、相手の身辺ギリギリのところまで書き込み、言葉で相手を攻撃すると言うのが誹謗中傷です。

ネット上における子ども間による誹謗中傷

近年は多くの子どもがスマートフォンを持ち、簡単にインターネットに接続できる環境です。ソーシャルネットワークサービスというコミュニケーションツールなども普及しています。それぞれの学校やクラス毎の裏サイトがある場合も多いようです。子どもは大人が考えているよりも色々なことを知っています。普段家族間で連絡しあう目的で買い与えた携帯電話などが人を傷つける武器として使用されていることもありますし、自分の子どもが傷つけられる立場になっているかもしれないということを親は強く認識するべきです。裏サイトやコミュニケーションツールを使って子どもがメッセージのやり取りをしている内に、誰か特定の子どもの誹謗中傷になってしまうこともありえます。大人の目の届かないところもたくさんあるのです。学校でも対策はしているようですが、家庭でも携帯電話の使用の仕方や子どもの様子などを観察するべきです。

ネットにおける誹謗中傷

ネット社会の今だからこその問題が最近目につくようになってきました。それはインターネットの中での誹謗中傷です。相手が見えない世界だからこそ相手を攻撃して良いというものではありません。その誹謗中傷を目にすることで傷つく人がいるということを自覚しなくてはいけないのです。書く方は簡単でしょう。ただ相手の嫌がる悪口をあることないこと書くだけで良いのです。しかもそれを読んだ人はそれがあたかも本当のように受け取る人も中にはいるでしょう。これは相手に対する攻撃であり、相手を傷つける手段です。この誹謗中傷はインターネットを利用する人であれば誰でも巻き込まれる可能性があるものです。その為、最近では小さなお子様が巻き込まれるケースも多くなってきています。相手を傷つけない為にも、しっかり自分自身気をつけなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*