匿名性が高いネットと誹謗中傷

ネットは匿名性が高いので、どうしても攻撃的な意見を書いてしまう人がいます。まるで自分のストレスを発散する為なのではないかと勘繰ってしまう程です。しかしそのために誹謗中傷をして良いかと言ったらそうではありません。マナーを守ってこそ楽しいネットライフを送る事ができるからです。誹謗中傷で悩んでいる時、まずは自分で出来る所から始めてみるのも良いでしょう。例えばブログ等であれば、禁止ワードを設定する事をお勧めします。それをするだけでもかなり被害を減らす事ができるでしょう。また禁止IPアドレスを設定する事も重要です。そのIPからはコメントを投稿できなくなるので、被害を減らすことが可能です。ネットの誹謗中傷はそのままにしておくのが最も良くありません。なるべく被害が少なくて済む方法からまずは試して言って、それでもダメな時はプロに相談しましょう。

ネット世界の誹謗中傷の現状について。

ネットの利点は自由、匿名性等ですが、これらは視点を変えれば、最大の欠点とも言えます。問題視されている誹謗中傷は、数ある内の一例に過ぎません。特に掲示板とかSNSとかコミュニケーションに属する世界では、必ず誹謗中傷といった現象が起こっています。リアルな現実世界では有り得ない事でも、顔も知らない名前も知らない何も知られる事無く自由に発言出来るインターネットの世界では、当たり前のように起こります。そこから大きく発展する事も有ります。ですのでサイト運営者側は、色々と対策を講じていますが、100パーセント迷惑行為が無くなるという事は有りません。一番の有効な手段は、嫌いな人は無視しましょう。これが最も良い最善策です。文字で喧嘩をしても、何の意味も有りません。むしろ恥であり格好悪いです。やはり自分の発言には、責任を持たねばイケません。言葉を選んで発言する事が予防に繋がります。

ネット利用時に誹謗中傷されたら通報しましょう。

多くのSNSには、通報というシステムが有ります。これは迷惑行為を発見したら、発見者は運営者に知らせる事が出来ます。誹謗中傷も立派な迷惑行為ですので、遠慮しないで通報しましょう。悪質と判断された場合は、強制退会と成り利用不能に出来ます。ところが通報も万能では有りません。誹謗中傷の線引きが難しいのです。何処までがセーフで何処からがアウトなのかは、運営者側の判断で決まります。ですが言葉というのは、言い方1つでガラッと印象が変わります。同じ意味でも印象が違うという事です。つまり、どう規制しようとも無駄だと言えます。それに完全に規制してしまうと、何も言えなくなりSNS自体が成立しなくなります。利用者が減れば儲けも減ります。ネットには暗黙の常識として、自己責任で行うという掟が有ります。自分の身は自分で守らなくてはイケません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です